悪い目を改善する食品

視力の悪さは普段の生活や遺伝が関係することもありますが、視力改善も含めて眼にいい食品があるのをご存知でしょうか。一般的にはブルーベリーが眼にいいということでサプリメントなどがたくさん出ています。眼にいい食品というと、角膜や水晶体を作り出すたんぱく質や眼の周りにたくさんある筋肉の働きを活性させるビタミン、ミネラルがいいといわれています。特に視力低下を防止し、疲れ目を回復してくれるのはビタミンB群で、バランスよく取ることが条件となります。一般的に食卓に上りそうなビタミンB群を紹介しましょう。
視力低下を防止し疲れ目を回復するビタミンB群ビタミンB1:豚肉、だいず、うなぎビタミンB2:レバー、ヨーグルト、納豆ビタミンB6:牛レバー、かつお、にんにくビタミンB12:牛レバー、鶏レバー、あさり、牡蠣眼の細胞の新陳代謝を促進する働きは、ビタミンAやベータカロチンがあります。ビタミンAは、鶏や豚、牛肉のレバーなどに含まれ、ベータカロチンは人参、カボチャ、ホウレンソウに含まれています。水晶体の透明を保持するには、ビタミンC、疲れ目やドライアイ、老眼にはビタミンEがいいといわれます。ビタミンCはイチゴや、柑橘系に含まれ、うなぎやえびはビタミンEが豊富です。
ブルーベリーがいいといわれるのは、ブルーベリーの色でもある紫色の色素、アントシアニンの効果です。アントシアニンは夜の視力をアップさせるとも言われています。眼が物を見るために不可欠な体内にあるロトプシンは、働いた後ビタミンAに分解されてしまうのですが、アントシアニンがあれば再生が活発になるのです。
アントシアニンはブルーベリーのほか、紫色の野菜に含まれるので紫いもやカシスにも含まれています。視力の低下は何かと不自由です、1日3回食事をするなら、できるだけ視力の低下を抑えるビタミンB群と眼の働きをよくする食品をバランスよく選びたいですね。外食が多いという人も眼によい食品をおさえてメニューを選んでみてください。

埼玉にある阿部・楢原法律事務所 相続のご相談

成果達成率99%の実績があるので、自信を持ってサービス提供させて頂きます!

福岡 骨盤矯正

小児より予防処置を行い、生涯にわたりお口の健康を保つお手伝いをいたします。

名古屋の中国喫茶【悠々茶房】中国語を学ぶ